スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    岩川光についての、連続エッセイ。まとめ。




    岩川光 @HikaruIwakawa 君のアルゼンチン渡航前特別企画『スペシャル・カルテット・ライブ』@絵本塾ホール。聴いてきました。岡部氏、鬼怒氏、佐藤氏。と岩川光君のケーナ。実は岩川君が東京を活動拠点として(そしてキムラが関東に来て)初めてライブを聴きに行った。

    強烈に思ったのは、 #岩川光 がケーナを吹く機械のようになっていたという事。もちろん彼は機械ではない。そしてケーナは単なる木管だ。だが彼が肉と血と全身の筋肉の律動と息とを捧げて(直喩的にも暗喩的にも命を差し出して=無生物的な何者かに零落して)ケーナを生物のような何者かにしていた。

    ライブのあいだ、演奏が響く間、私は四人の音楽に持って行かれていた。特別に素晴らしい音楽をライブで聴いたときに起こる、あの持って行かれ方だった。

    訓練された耳も素養もない私にとっても、そのような特別な音楽なんだ、と言うことが分かった。同時に彼の体にある種の不吉さを持った。

    その素晴らしい演奏の間、見る間に両耳が紅潮し、そのうちだんだんと目の周囲が白くなる。技巧の一つ一つは勿論私には追い味わう事は出来ないのだが、彼の指、舌、肺、横隔膜、肺と筋肉の連動や内臓と細胞の酷使が彼の技巧の背後に有ることは何となく分かる。

    ケーナは空隙だけの楽器だ。中身のない中空の管に穴という無いを穿ち、吹き口という欠如を削り取る。彼はケーナを吹くに当たってその無いに自分を注ぎ込んでいる。彼の演奏が私に響いたのは、もしかしたら回復不能な何かを使っているのではないか。

    *******

    彼の肉体の<命>と<機械性>。
    ケーナの<無>と<存在>。
    それらの複雑な関与・連関が、紡ぎだす音楽。

    キムラの心に響いた何か、とは、結局のところ、その音楽自体と、音楽の姿の写し絵だったのかもしれない。
    ライブ音楽の存在自体が<無>と<存在>の屹立する一時点のみ。
    その今だけに存在するということは、ひいては“今ここ”にある存在というあり方の写し絵だ。
    私たちは今にあり、過ぎればなく、今より前に存在できない。
    ライブ音楽もまたそのように。
    私たちもまたそのように。
    世界もまた、そのように。

    彼とケーナの混淆は、まさしくそんな在りようの一時点を差し出していると、キムラは思う。


    ******

    この時点で彼は日本にいない。
    キムラは、次に彼の演奏を聴くのを、とても楽しみにしている。

    元気で。
    スポンサーサイト

    土鍋ジャム




    先日作った柚子のジャム。
    ホーローの鍋で作るのが正しいジャムの作り方。
    アルミなどでは、酸で鍋肌と反応が起きて色が悪くなるそう。
    でもホーロー鍋が無かったので、土鍋でジャム。

    良い色になった。
    ただ、煮こぼしが一回多かったみたい。
    爽やかすぎた。大人のほろ苦さが足りない。笑

    トイレットペーパー

    今の仕事をするようになって色々な自分に気が付いた。
    その中の一つに最後まで使い切ることへのこだわり、がある。

    それは自分の中では常識で美徳ですらあった。
    しかし色々な人と働いて見るとそのこだわりは、何かと不便だ。
    人によっては少なくなって来始めたら、補充したい人がいるのだ。
    そんな人とこんな自分が一緒に働くと、常に補充するのはその人になる。こっちはこっちであー、もう少しで使いきりで補充しようと思ってたのになー、と何度も感じることになる。そして、あっちはあっちで、あー、また補充すんのかよー、何でキムラは使いっぱなしで自分で補充しないんだよー、と思っている(に違いない、と勝手に申し訳なく感じている)。

    □□□

    正月に自分の実家に帰った。
    トイレに入って、ふと見るとトイレットペーパーが残り3cm程度で絶妙に引っかかっている。

    ああ、自分の家だなぁ。

    世代論

    ある時、街の中華店経営者が「中華の世界では40代はバブル世代でダメだ」と話すのを聞いた。

    聞いたこと無いな、と引っかかった。
    ロストジェネレーションだともっと下の10~20代だと思いこんでいた。

    失われた10年、だと丁度その頃の若者たちが今の40代ということになる。

    何が引っかかったかというと、つまり、日本の構造的経済停滞を「40代はダメ」と認識している、ある種の八つ当たり的な罵詈が、まさに40代の我が身に刺さったらしい。

    で、料理の雑誌を読んでいると、今名をあげている料理人は三十代半ばなんだよな。
    和仏伊中関係なく、そうだ。

    そして、今回色々な情報を収集すると、今募集している拡張期の事業所は、やはり三十代半ばの人たちが中心なんだよな。

    もしやその逆恨み的、八つ当たり的な世代論は、幾ばくかの真実を言い当てているのかもしれない。

    世代論への反論てのは、もう様々な世代の様々な反論を見てきたので、良い。
    ただ、その世代論イメージを明確に掴んでおけば、そうではない自分を企図し易い。
    世代論を自己の成長に利用する、そんな強かさを持つ。
    そんな貪欲さには気恥ずかしさを感じる事も事実。
    だから、この世代論がある意味ホントな気がするのだ。

    叙述深度

    大人気直木賞作家の何人かを読んでも、あまりおなか一杯になれない。
    あの人とかあの人とかあの人とか。
    これじゃあ、ラノベと叙述深度が変わらん。とおもう。
    現代日本人の物語を読む体験は、かなり劣化している気がする。
    本屋の売れ行きランキングや、図書館の貸し出しランキングを、あの大人気直木賞作家たちが占めていると唖然とする。

    電車の中で夢中で読書する人もあの大人気直木賞作家を読んでいることが多い。(よく盗み見る)

    そんなのを見ると、あー萌えと突っ込みのないラノベ読んでる~、って思う。
    けど例えば、キムラがこの年でラノベを読むと、
    ああ、あの人は、現代日本人の大衆的レベルの叙述深度を嗜む現代日本人の大衆的レベルの教養のある人だわ。
    とは思われない。

    キモッ、てなる。笑

    叙述深度では、大人気直木賞作家の方々と同じなのに。
    そこに萌えと突っ込みというスパイスが入っただけなのに。






    あー、↑そこが問題の中心かあ。
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。