スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    だってそれが永遠不滅のプリキュアよ?

    朝、娘と洗面が一緒になった。
    娘が歯を磨きながら、珍しく鼻歌を鼻ずさんでいる。
    娘「♪ふふふーふふ、ふふふふー、ふーふふふふふんー、……」

    キムラは、聴くとも無しに聴きながら、歯磨きを終えた。
    キムラ「(ガラガラガラ、ぺっ!ガラガラガラガラ、ぺっ!!)………パヤッパヤッ♪」

    娘爆笑。
    朝から父の威厳が炸裂。
    スポンサーサイト

    東京駅のお土産

    東京駅のお土産で、

     胡麻玉子

    という商品を見かけた。
    何かに気になったのに、何なのか分からない。
    何歩か歩いた後、何に引っかかったのかに気が付いた。
    なる程。


    上野駅前のビルに

     ueno3153

    とある。
    なる程。

    春樹の文体

    『田崎つくる~』を読み始めた。
    休憩時間。
    心地良く読み進めると、自分の首から上が突然ガクリと落ちた。驚いた。
    どうやら読む意識があると同時に、身体が寝るモードに入ったらしい。その身体からのメッセージに全く気付かなかった。
    春樹の文体の魅力。
    もう本当に、内容なんてどうでも良い。
    なんて言うと、春樹フリークには怒られるかもしれない。でもキムラにとっては、読書中に眠いのにも気付かないほど夢中にさせるのは、文体。

    ゾウの匂いの話し

    お店のアルバイトのSちゃんは、大学の実習で上野動物園のゾウの飼育の手伝いをしている。
    彼女は少し日焼けをしていた。
    でも、彼女からは、ゾウ臭さは無い。

    ひいばあの口は、ゾウの匂いがする。
    あー、Sちゃんの匂いだ、と思う。

    あながち間違いではない。

    ちょっとした

    いつもの常磐線の終電。
    あるお爺ちゃんが、ヘルメットをかぶっている。
    ちょっとした、ヘルメットを。

    休みに

    ひいばあの通院の手伝いで病院に行った。
    始終ご機嫌だったが、突然表情が暗くなり、「おめー、何で来たんだ?」と聞かれる。
    仕事が休みで暇だったから?
    いや違うな。


    ひいばあに会いに来たんだな。
    「そうかー。そりゃうれしいなあ」
    「今日は何で病院に来たんだ?」
    仕事が休みで暇だったから?
    いや、違うな。
    ひいばあの通院の手伝い?
    いや違うな。
    分かった。
    今日は薬貰うだけだから、すぐに帰るよ。
    「そうかー。薬だけかあ。」

    うん。合ってた。


    ひいばあ、プリン食べてくれた?
    「おめーがこさえてくれた奴か?食べた。旨かったよお。」
    うん。良かった。

    それを聞いていた義母が、「あら、本当に覚えてるのねー!」と笑った。

    最近で一番嬉しかった。

    夢は逃げる

    夢は逃げる
    朝だからだ
    だが突然今朝の夢を思い出す
    ああこの部屋だ
    ここで僕は何度も殺されそうになる
    なぜ今頃逃げたはずの夢が戻って来たのか
    それは夜が来たからだ
    僕は今夜も
    この部屋で殺されそうになるのだ

    記憶の思い出

    不思議なメッセージが届く。






    □□□□□□□□□□□□
    私はいま仙台です。昨年、子どもが生まれ、家族三人慌ただしく暮らしております。
    先生に頂いた子犬は、数年前に亡くなりましたが、たつおと名付け、家族の一員として、15年以上かわいがらせてくれました。唐突且つ今更なんですが、本当にありがとうございました。
    □□□□□□□□□□□□







    たつおは数年前に、幸せに死んでいた。
    15年とは、キムラが青森で教師をやっていた時間くらい。
    思い掛けない、継続と蓄積と、終焉。
    突然合流した遥かな分岐点。
    いつの間にか物語が育っていたこと。

    ああ、僕はいったい何をするのか。
    どこから来てどこに行くのか、とは、陳腐であるが、今日の僕は、いつか蘇るために死ぬ今日の僕であるのだろうか。
    今日の僕は、いつか誰かの物語に注ぎ返す肥沃さを持っているのだろうか。

    甚だ絶望的に電車に乗っている。

    ひいばあのお土産に

    普通のプリン作って持って行った。
    古風なやつ。
    柔らかいし甘いし、冷たいし。
    すごく喜んで貰えたけど、食べてくれなかった。
    だいぶ具合が良かった日に当たったみたいで、会話も出来たし笑ってた。
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。